洋楽、ギター最新情報&レビューブログ

京都のしがない学生です。洋楽の最新情報やレビュー、ギター機材関連の記事を書いていきます。

【スポンサーリンク】

TONE CITYのModel MとModel Eを試奏からの購入

どうもこんにちは。

手持ちのディストーションが壊れてしまい急遽新しいヤツを買わなければいけなくなったのですが金が無く、色々と探しているうちに見つけたTONE CITYという中国メーカーのペダルがいい感じだったのでレビューしてみます。

今回試奏したのはModel MとModel Eで、結論から言うとModel Eを購入しました。

f:id:syumituduri:20181006120246j:plain

f:id:syumituduri:20181006120311j:plain

Model M

Model Mの”M”はマーシャルのMです。その名の通りマーシャルのいかにもチューブアンプ!みたいなサウンドです。

右側のスイッチでクランチモードかハイゲインモードかを選択し、それぞれついてその上のツマミで歪みの量を調節します。これが結構便利で、曲によって歪みの量が違う!なんて時にいちいちツマミを回さなくていいんですよね。実質オーバードライブとディストーション2台分の働きをすることになります。

今回筆者はハードロックやメタルでも使えるレベルのズシズシ来る超ハイゲインな歪みを探していたので「これではちょっと弱いな…」と思い購入を断念しました。サウンド自体も上質とは言えず安物ならではの粗削り感はありますが、ブルースなどのジャンルにはピッタリハマるのではないかと思います。モダンなハイゲインミュージックには後述のModel Eの方がおすすめです。

 

Model E

Model Eの”E”は店員さん曰くEVHのEらしい。サウンドハウスには「EUハイゲインアンプタイプのディストーション/プリアンプです。」と書かれていてよくわからない。サウンドキャラクター的にはサウンドハウスさんの行ってることの方が正しそうです。

こちらはModel Mとは違いモダンなハイゲインサウンドを出すことのできるペダルですが、一番の特徴はミドルレンジの周波数を変化させることのできるスイッチです。これによって「タイトなバッキングからファットなギターソロまで思いのまま!」とはいかず、効きがかなり極端なため調整が非常に難しいです。音が結構変わるのでちょうどいい塩梅にするのは結構ツマミをいじる必要があります。スイッチ一つでいい感じのファットなギターソロになるわけではありません。あと気になったのはローが結構ブリブリ出てくることです。モコモコというよりブリブリ、こいつが結構曲者で耳障りな音になる可能性もあります。何かと音作りの腕が試されるペダルです。

実際購入後ライブをしてみましたがしっかりと作りこんでいけば音のヌケもよく気持ちいハイゲインサウンドになります。初心者向けの価格設定の割には初心者には難しいペダルでした。

 

おわりに

今回紹介したのは2つのモデルでしたがTONE CITYはその他にも安くて実践的なペダルが数多く揃っています。実際今回の2機種もかなりコスパは高いように思え、貧乏学生である私はこれからもお世話になりそうです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

「日本のロックシーンは10年遅れ」の例を挙げてく

 

どうも皆さんこんにちは

よく言われている事ではあるのですが、「日本のロックシーンは10年遅れている」という言説を検証していこうと思います。

 

B'z

日本を代表するハードロックバンドであり、筆者も大好きなバンドです。彼らのデビューは1988年であり、それ以降日本のロックシーンを現在まで牽引してきました。

B'zが日本でヒットさせたハードロックというジャンルは、海外では厳密には1960年代から既に登場していました。しかし彼らのような重厚でゴージャスなスタイルのハードロック(KISS,Aerosmith,Bon Jovi)は、1970年代後半から1980年代前半にかけて海外でヒットしていました。

そのような状況の中、1990年代にかけてヒットしたのがB'zです。さらに言えば彼らは洋楽の「パクり」が多い事でも有名です。しかしたとえ10年遅れのパクリバンドだとしても曲や彼ら自身のカッコよさ、スキルの高さは疑いようがなく、もしかしたら彼らがいなければ日本のロックは20年遅れになっていたかもしれません。

 

youtu.be

 

THE BLUE HEARTS

日本のパンクロック界で最も重要なバンド、ブルーハーツ。そのボーカル甲本ヒロトはもともとセックスピストルズシド・ヴィシャスに憧れてベースをやっていました。

実際歌い方やパフォーマンスなんかもシドにそっくりで、かなりの影響が見られます。

そしてブルーハーツのヒットは1980年代後半なのに対し、ピストルズを代表とするパンク/ニューウェーブシーンがイギリスで盛り上がったのが1970年代後半です。

しかしブルーハーツは単なるパクリとは言えず、ロンドンパンクは粗暴さや攻撃性がウケたのに対し、ブルーハーツは代表曲の一つ「人にやさしく」からも分かるように、ロンドンパンク譲りの過激なパフォーマンスの中に優しさがありました。

 

youtu.be

 

youtu.be

 

ASIAN KUNG-FU GENERATION

重厚かつシンプルなギターロックで2000年初頭から現在でも圧倒的な人気を誇るアジカン、彼らの音楽は一概にはまとめ切れず、様々なアーティストから影響を受け、それを昇華している印象があります。その中で本人も影響を受けたと述べているのが、オアシスとウィーザーです。

オアシスは91年から活動しているブリットポップ・ムーブメントの立役者であり、Weezerは92年に結成され、こちらはパワー・ポップを流行らせたバンドです。

ブリット・ポップもパワー・ポップも根っこは結局ビートルズで、アジカンのメンバーもビートルズは大好きなので、言ってしまえばどれもビートルズの子供たちなわけです。

 

youtu.be

youtu.be

Suchmos

日本にアシッド・ジャズを持ってきたサチモス。若い世代から支持を集め、一時期前は街を歩けば嫌でもSTAY TUNEが聴こえてきましたね。

そのアシッド・ジャズの中で最も成功したアーティストがジャミロクワイです。最大のヒットは96年のサードアルバムで、サチモスまでの空白期間は約20年です。20年前に流行ったアシッド・ジャズをありがたがって聴く日本人、なんだかなあという気がします。歌唱力に関してもジャミロクワイには遠く及ばず、勝っている点、進化した点を探す方が難しいぐらいです。

youtu.be

youtu.be

 

最後に

今回紹介したバンド以外にも、シューゲイザーの流れからのきのこ帝国、ガレージロック・リヴァイバルの流れからのGLIM SPANKYなど10年遅れの例はたくさんあります。

しかし、ただ10年遅れのバンドだけでなく、独自の進化や発展をさせて海外の音楽を取り入れたバンドも数多くあり、ただ一直線のタテの流れでは捉えきれない部分もあるのではないかと感じました。

憂鬱な気分の時に聴きたい暗いおすすめ洋楽ロックバンド7選

気分が落ち込んだ時やどんよりとした曇り空の時には陰鬱な曲を聴きたくなるというのは私だけでしょうか。

今日はそんな私にいつも心の傷に塩を塗ってくれる暗めな洋楽バンドを紹介いたします。

 「シガーロス」の画像検索結果

 

 Joy Division (ジョイ・ディヴィジョン)

陰鬱と言えばこのバンドです。気だるげで神経質そうなギターサンドとボーカル、さらに全員が真顔で演奏しているのも陰鬱ポイント高し、この人たちに楽しいという感情は無いのでしょうか。

ちなみにちょっと気持ち悪い歌い方をするボーカル、イアン・カーティスは全米ツアー前日に自殺しています。その後バンドは"New Order"と名前を変えて活動を続けています。こちらもとても素晴らしいバンドですので是非チェックしてみてください。

 

youtu.be

 

My Bloody Valentine (マイ・ブラッディ・バレンタイン)

シューゲイザー界の雄、通称「マイブラ」です。暗くて重い轟音ギターサウンドとその中にある女性ボーカルの美しさ、静と動や剛と柔の調和がたまらなく心地よいバンドです。

ちなみに彼らのライブではあまりに轟音が鳴らされるので耳栓が配られるそうです。

 

youtu.be

 

Sigur Rós (シガー・ロス)

アイスランドが生んだ至高のポストロックバンド、シガーロス。彼らの音楽はまさしくアイスランドのイメージにぴったりな天国のような自然、大地を連想させます。

陰鬱、とは違っていますがこの魔法のような感動体験は暗い気分の時に味わうべきものでしょう。

 

youtu.be

 

Rediohead

イギリスが生んだモンスターバンド、レディオヘッド。彼らは既存の枠にとらわれない実験的なサウンドに後期からは挑戦し、特に4thアルバム"Kid A"はあまりに難解で、評論家からは「商業的自殺」とも呼ばれました。しかしこの手の評論はだいたい外れるもので、実際このアルバムも大成功を収めました。

下のリンクの曲は3thアルバムに収められた曲ですが、この曲も拍子や展開、サウンド共にかなり前衛的です。

 

youtu.be

 

Pink Floyd (ピンク・フロイド)

言わずとしれた伝説のプログレバンドです。壮大かつ幻想的なサウンドはまさしく圧巻で、さらに歌詞の面でも文学的、哲学的で評価が高いです。

美しさの中にある緊張感や倦怠感、クセになります。

彼らの魅力は大掛かりなライブにも詰まっているので、ここではあえてライブバージョンをセレクトさせてもらいました。

 

youtu.be

 

Nine Inch Nails (ナイン・インチ・ネイルズ)

怒りや渇望を一貫的にテーマに据え、重々しく騒々しいサウンドで心を黒く塗りつぶすようなバンドです。ジャンルとしてはインダストリアルロックに属します。

インダストリアルロックといえば他にマリリンマンソンがいますね。こちらも重々しい鬱バンドです。

 

youtu.be

 

 

Sonic Youth (ソニック・ユース)

変則チューニングによる独特の響きをもったノイズまみれのギターサウンドが特徴で、後のグランジオルタナシーンに多大な影響を与えています。また、ギターボーカルのサーストン・ムーアは「エレキ・ギターを聴くということはノイズを聞くこと」という謎の持論を持っており、曲にもその精神が如実に表れています。

ノイズなのに美しい、情熱的なのに倦怠的、不思議な陰鬱バンドです。

 

youtu.be

 

終わり

ここまでご覧いただき誠にありがとうございました。

皆様にも良き鬱音楽ライフが訪れますことをお祈りしつつ、お別れとさせていただきます。