洋楽、ギター最新情報&レビューブログ

京都のしがない学生です。洋楽の最新情報やレビュー、ギター機材関連の記事を書いていきます。

【スポンサーリンク】

近頃の邦ロックバンドが嫌われている3つの理由

スポンサーリンク

近頃の邦ロックバンドが気に入らない。どいつもこいつもな。

完全に個人の意見なのでどうぞ気になさらず、、、

 

 

 

理由①:量産型スタイル

どいつもこいつもマッシュ、ガリガリ、スキニーパンツ(もしくは超ダボダボのパンツ)、中性的で不健康そうな顔とスタイル。男らしさのかけらもねえ!!!

元々ロックスターなんてのは近寄りがたくてギラギラしてて、ともかくかっこいいの極地みたいなものです。なのに近頃のバンドマンは女性ファンの母性本能をくすぐるようなスタイルで、しまいには「かわいい」なんて言われています。恥を知れ恥を!!

そしてこのバンドマンたちがモテるんだ。。たいした曲でもないのに女性ファンの支持だけで売れてるバンドもあるぐらいですからね、[Alex◯ndros]とか、、、

理由①の例

・おいしくるメロンパン

クリープハイプ

KANA-BOON

理由②:量産型ソング

テレキャスターでおしゃれにカッティングさせちゃって、コードワークもちょっと洒落たカンジでね、はいはい量産型。

思えばこういう感じのハイカラカッティングサウンドを流行らせたのはゲスの極み乙女。な気がしないでもないです。さらにキノコ頭も川谷が流行らせたような、、、

いや確かにセンスはいいよ、それがまたちょっと腹立つというこれはもうただの妬みですね、すいません。

 

もう一つの量産型はシンプルにダサ中二臭いリフを多用するバンド。

例えばオーラルとかキートークとかsumikaとかです。この手のバンドの元祖は9mm parabellum bulletでしょうね間違いなく。

理由②の例

ゲスの極み乙女。

ポルカドットスティングレイ

フレデリック

 

理由③:量産型ファン

いつの時代もアーティスト自体は好きだけどファンが苦手で遠ざかってしまう、というのはよくある事です、特に邦ロックの世界では。

いまの邦ロックシーンはフェスやライブが中心でバンドと観客の距離が近くなり、また観客どうしの結束力というのも強くなっています。そのせいか、観客たちの中で服装やスタイルを同じようなものにしなくてはいけないというような暗黙の了解ができており、邦ロックフェスに行けばみんなバンT、ラババン、スニーカースタイルで嫌になります。

さらに、ライブがメインとなった昨今、ライブでのいわば定番の動き(ウォール・オブ・デスなど)やさらには一部のバンド(KEYTALKなど)では振り付けが存在し、これによって観客も一体となって楽しむというスタイルが定着してきています。

これは先ほどのファンの結束意識と共に邦ロックの敷居を高くする一因となっています。またもっと気軽に楽しみたい層にとっては、近頃のファンによくみられる、バンドへの「ガチさ」を求める風潮には腹が立つことでしょう。

 

まとめ

結局、売れるもの流行ってるものモテるものが嫌いな現役中二病罹患者のたわごとでしたとさ。