洋楽、ギター最新情報&レビューブログ

京都のしがない学生です。洋楽の最新情報やレビュー、ギター機材関連の記事を書いていきます。

【スポンサーリンク】

憂鬱な気分の時に聴きたい暗いおすすめ洋楽ロックバンド7選

スポンサーリンク

気分が落ち込んだ時やどんよりとした曇り空の時には陰鬱な曲を聴きたくなるというのは私だけでしょうか。

今日はそんな私にいつも心の傷に塩を塗ってくれる暗めな洋楽バンドを紹介いたします。

 「シガーロス」の画像検索結果

 

 Joy Division (ジョイ・ディヴィジョン)

陰鬱と言えばこのバンドです。気だるげで神経質そうなギターサンドとボーカル、さらに全員が真顔で演奏しているのも陰鬱ポイント高し、この人たちに楽しいという感情は無いのでしょうか。

ちなみにちょっと気持ち悪い歌い方をするボーカル、イアン・カーティスは全米ツアー前日に自殺しています。その後バンドは"New Order"と名前を変えて活動を続けています。こちらもとても素晴らしいバンドですので是非チェックしてみてください。

 

youtu.be

 

My Bloody Valentine (マイ・ブラッディ・バレンタイン)

シューゲイザー界の雄、通称「マイブラ」です。暗くて重い轟音ギターサウンドとその中にある女性ボーカルの美しさ、静と動や剛と柔の調和がたまらなく心地よいバンドです。

ちなみに彼らのライブではあまりに轟音が鳴らされるので耳栓が配られるそうです。

 

youtu.be

 

Sigur Rós (シガー・ロス)

アイスランドが生んだ至高のポストロックバンド、シガーロス。彼らの音楽はまさしくアイスランドのイメージにぴったりな天国のような自然、大地を連想させます。

陰鬱、とは違っていますがこの魔法のような感動体験は暗い気分の時に味わうべきものでしょう。

 

youtu.be

 

Rediohead

イギリスが生んだモンスターバンド、レディオヘッド。彼らは既存の枠にとらわれない実験的なサウンドに後期からは挑戦し、特に4thアルバム"Kid A"はあまりに難解で、評論家からは「商業的自殺」とも呼ばれました。しかしこの手の評論はだいたい外れるもので、実際このアルバムも大成功を収めました。

下のリンクの曲は3thアルバムに収められた曲ですが、この曲も拍子や展開、サウンド共にかなり前衛的です。

 

youtu.be

 

Pink Floyd (ピンク・フロイド)

言わずとしれた伝説のプログレバンドです。壮大かつ幻想的なサウンドはまさしく圧巻で、さらに歌詞の面でも文学的、哲学的で評価が高いです。

美しさの中にある緊張感や倦怠感、クセになります。

彼らの魅力は大掛かりなライブにも詰まっているので、ここではあえてライブバージョンをセレクトさせてもらいました。

 

youtu.be

 

Nine Inch Nails (ナイン・インチ・ネイルズ)

怒りや渇望を一貫的にテーマに据え、重々しく騒々しいサウンドで心を黒く塗りつぶすようなバンドです。ジャンルとしてはインダストリアルロックに属します。

インダストリアルロックといえば他にマリリンマンソンがいますね。こちらも重々しい鬱バンドです。

 

youtu.be

 

 

Sonic Youth (ソニック・ユース)

変則チューニングによる独特の響きをもったノイズまみれのギターサウンドが特徴で、後のグランジオルタナシーンに多大な影響を与えています。また、ギターボーカルのサーストン・ムーアは「エレキ・ギターを聴くということはノイズを聞くこと」という謎の持論を持っており、曲にもその精神が如実に表れています。

ノイズなのに美しい、情熱的なのに倦怠的、不思議な陰鬱バンドです。

 

youtu.be

 

終わり

ここまでご覧いただき誠にありがとうございました。

皆様にも良き鬱音楽ライフが訪れますことをお祈りしつつ、お別れとさせていただきます。